グリンダ@久留米


f0062135_23014999.jpg
















久留米グリンダ
にて弾き語り。
成年隊の水落君と、十八のとおるちゃんの企画ライブ。
なにがなんでん行かんばやろ?笑
水落君と俺と、あと宿六兄弟の3組。

今回はちゃんと大牟田行きの特急に乗ったよ(笑
特急は乗車客多くて立ちっぱやけど、アッちゅう間に着くね。
ググってなんなくグリンダに到着。グリンダは創業34年の老舗喫茶店。よか雰囲気!
とおるちゃんが19歳の時にバイトしてたらしく、十八の鴨ハンバーグはココのハンバーグにインスパイアされたらしいよ。
あま~くて美味しい梨を頂きつつリハまでマッタリングでウェイティング。

最近弾き語りでは必ず唄ってる、宿六兄弟の『無題バラード』を今日は水落君がカバーするってんでリストから外す(笑
水落君は、宿六のカバーをしてる俺のカバーをするんだって(笑
だったら俺が水落君の曲カバーすればよかったなぁ(笑・・・♪今すぐ逢いた~い♪てヤツ。

滞りなくリハも終えて、ご近所探索・・・ちゅうてもドトールでコーシー啜っただけやけど(笑
グリンダに戻ると宿六兄弟がリハやってて、出順がトリになってた。飲めんや~ん!笑
開演の20時を回る頃には沢山のお客さん。水落はみんなに愛されてるねぇ。

f0062135_23024091.jpg
















まずはトンパツ宿六兄弟。
トモのマイクが少し篭り気味なんがちょい気になったけど・・・相変わらずの安定感。流石!キッチリお客さんもってくね。
そんでもって水落君。
彼も良い曲を書くね。でもめっちゃ緊張してて(笑)喉が狭くなってたんでないかい?
何度か彼とは対バンしたけど、この日の緊張度合いはハンパなかったなぁ・・・
やっぱ小学校の時の担任の先生が観に来てらしたからか?笑
最後の2曲は我等がゆか様登場!ピアノで。ピアノも弾けるのね?ゆか様。
あれれ?無題バラードやんなかったなぁ?と思いきや、アンコールでしっかり唄ってた(笑

俺は特に緊張もなく、リラックスして唄えたよ。

1. Introduction(夢は夜ひらく)
2. 夢くぐり
3. そのままでいいよ / 高田エージ
4. 赤いスイートピー / 松田聖子
5. チャペルのマリア / JUG & BOOGIE BOX
6. 永遠 / 高田エージ
7. ラストダンスは私に / 越路吹雪
encore
8. 無題バラード / 宿六兄弟

のっけから手拍子!なんて素晴らしいんだ!久留米!笑
こうしてみると俺弾き語りはほんとカバーばっかりやなぁ・・・汗
でも良い歌は誰が唄っても良いのだよ!

f0062135_23031250.jpg
















グリンダで少し呑んで、約束の地かわむらへ。何故かゆか様親子と親子のように歩いて移動(笑
いやぁ久しぶりだ~っ!相変わらずの元祖ガールズ居酒屋!笑
肉じゃが、鯖の煮付け、豚の角煮・・・もうサイコー!
ココでもありちゃん食べる×2!カツカレー大盛り!笑
横からひと口頂いたけど・・・うめぇんだなぁコレが!

f0062135_23044727.jpg
















良い酔い時間になったところでかわむらはお開き。とおるちゃんとタクシーに乗る。
辿り着いたは文化街。えらくフアンシーなお店に入ったなぁと思ったら・・・葉隠(はがくれ)やった!
今回の2大行きたいトコあっさりクリア(笑
でも葉隠ってもっといなたい感じのラーメン屋かと思ったら・・・えらくファンシーなのね?笑
もうひとりのゆかちゃんにもご対面(笑)娘さんとふたりで切り盛りしてるみたい。
ラーメン食べたかったけどココで食べると多分次の日夕方まで何も入らないからグッと我慢。
とおるちゃん家に帰って撃沈。

f0062135_23051565.jpg
























次の日、少し心を許してくれたミーミーと戯れつつ起床。
最後の最後に、これまた懇願の立花うどんへ。
相変わらず有坂クルメちゃんのお母さんはお元気で声が良く通る(笑
肉うどんを平らげて、とおるちゃんに西鉄久留米駅まで送ってもらう。

いやぁ~よう遊ばせてもらいました!久留米サイコー!とおるちゃんサンキュー!

さ~て、次の弾き語りライブは・・・

8/29(FRI) YURAYURA @高砂
open 19:00 start 20:00
※投げ銭制
w/ 小川榎也

インストギタリスト、福岡のライクーダー小川榎也氏と!しかも自分の店で!
投げ銭なんで気軽に遊びに来てね!
f0062135_23034087.jpg

















f0062135_23042053.jpg

[PR]
by justine21 | 2014-08-04 00:14 | Live Diary
<< 高田君奮闘記 part.33 有田サマーフェスティバル vo... >>